肝斑・シミの内服薬の取り扱いを始めました♪

皮膚のお悩みの中で、「シミ」に関するものが多く寄せられています。
そこで当院では、11月より自費診療で肝斑・シミの内服治療を開始しました。

肝斑とは?
30~50才代にみられる女性特有のシミの一種です。
目の下やほほ骨のあたりに左右対称に現れることが多いシミです。
色は薄くぼんやりしていますが、境界は明瞭で広い範囲に発生します。

原因は?
女性ホルモンのバランスが影響してできるシミといわれており、妊娠、経口避妊薬が誘因になる事があります。
閉経とともに薄くなったり、消えたりする傾向にあるといわれています。
また、紫外線、皮膚表面への慢性的な刺激(こすり過ぎ)、過度のマッサージで悪化する場合があります。

治療法は?
症状、程度によって主に内服薬や外用薬(ハイドロキノンなど)を組み合わせて治療します。

当院では、次の内服薬をご用意しております。

【肝斑セット】
ビタミンC    30日分(90錠)
(商品名:シナール配合錠)
ビタミンE    30日分(90錠)
(商品名:ユベラ50mg)
トラネキサム酸 30日分(90錠)
(商品名:トラネキサム酸500mg)
上記3剤セットで¥3,240(税込)

【単剤】
ビタミンC       30日分(90錠) ¥1,080(税込)
(商品名:シナール配合錠)
ビタミンB2、B6  30日分(90錠)    ¥1,080(税込)
(商品名:ビフロキシン配合錠)
ビタミンE      30日分(90錠)     ¥1,080(税込)
(商品名:ユベラ50mg)
トラネキサム酸   30日分(90錠)    ¥1,620(税込)
(商品名:トラネキサム酸500mg)
~医師とご相談の上、この中から必要なものを組み合わせて処方いたします。~

*他に初診料¥1,500、再診料¥500が必要です。

 

IMG_0074

また、肝斑・シミに対して外用薬(自費診療)も取り扱っております。

ご興味のおありの方は、どうぞお気軽にスタッフまでお声がけください。

 

2018年11月1日12:07 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒604-0861
京都市中京区烏丸通丸太町下る大倉町201
パレスサイドビル2階

からすま丸太町皮フ科クリニック

お電話でのお問い合わせは075-221-8235

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中
15:00~18:30 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日は休診