光線過敏症(日光アレルギー)とは?

5月に入り、日差しが気になる季節となってきました。
半そで短パンなど、肌を出す機会も増えてきましたが、みなさま紫外線対策はされていますか?

紫外線による日焼けは誰にでもおこりますが、もともとの皮膚の色によっておこりやすさには個人差があります。
それとは別に、ふつうは反応がおきないような紫外線量でも敏感に炎症をおこしてしまう事があり、これを光線過敏症(日光アレルギー)といいます。

紫外線

◆原因◆
遺伝性、代謝異常、薬物、食べ物などがありますが、なかでも薬剤によるものが多いとされています。
《外用薬によるもの》
湿布薬や塗り薬を使用した部分に日光が当たり、薬剤を使用した部分を中心にかぶれ症状がでる。
《内服薬によるもの》
服用後に日光に当たった皮膚の広範囲に発疹がでる。

症状◆
・皮膚が赤くなる。
・ブツブツがでる。
・かゆみがでる。
・腫れたり水ぶくれができる。

◆対策◆
・日焼け止めをこまめに塗る。
・長時間日光に当たらないようにする。
・露出部が少なくなるよう、長そでや長ズボン、帽子などを着用する。
・湿布薬使用の際は、直接紫外線が患部に当たらないように衣服やサポーターで遮光する。
・内服薬を開始したり、変更したタイミングで症状が出て薬が疑わしい場合は、かかりつけ医に相談する。
・原因となる外用薬・内服薬があった場合、中止後も日に当たることで症状が増悪、再燃することがあるため、1週間は患部を遮光する。

◆治療◆
塗り薬や内服薬で治療していきます。
・ステロイド外用薬:炎症を抑える。
・抗ヒスタミン剤:かゆみを抑える。

症状が強い時はステロイドの内服や注射を行うこともあります。

普段日光にさらされている部分に湿疹やかゆみがでてお困りの方は、
早めに受診し、治療を受けるようにしましょう。
また、使用中の薬のある方は、受診の際にお薬手帳、もしくは内容がわかるものをご持参ください。

2020年5月25日10:55 AM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒604-0861
京都市中京区烏丸通丸太町下る大倉町201
パレスサイドビル2階

からすま丸太町皮フ科クリニック

お電話でのお問い合わせは075-221-8235

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中
15:00~18:30 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日は休診