意外と知られていない、5・6月の紫外線の恐怖😲❕

このところ毎日のようにじめじめとした暑い日が続きますね🐌☔今回は5.6月の紫外線についてです👆

曇や雨が多い梅雨の時期だからと油断しがちなこの季節ですが、気象庁のデータによると5.6月は紫外線量が強く降り注ぐ月だそうです。紫外線による健康被害には、日焼けなどの急性のものと、長年にわたる蓄積により皮膚がんなどの病気になるリスクを高めるといった慢性のものがあります。世界保健機構(WHO)はUVインデックスを活用した紫外線対策の実施を推奨しています。

UVインデックスとは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いを分かりやすく示すために紫外線の強さを指標化したものです。

【UVインデックスに応じた紫外線対策】

11+ 極端に強い 8~10 非常に強い

→日中の外出は出来るだけ控えよう。必ず長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。

6~7 強い 3~5 中程度

→日中は出来るだけ日陰を利用しよう。出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。

1~2 弱い

→安心して戸外で過ごせます。

京都府のUVインデックスは5月から「強い」となり、しっかりとした紫外線対策が必要です。

紫外線対策として1番に思い浮かぶのは日焼け止めではないでしょうか😳❔

当院では、全身にお使い頂ける塗る日焼け止め、飲む日焼け止めの取り扱いをしております。
サンプルのご用意もございますので、お探しの方はお気軽にスタッフまでお声がけください。

ソース画像を表示

2021年5月18日4:12 PM

◆粉瘤(アテローム)の日帰り手術を行っています◆

《粉瘤とは?》
粉瘤(アテローム)は皮膚の下に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋ができ、その中に皮膚の角質や皮脂などの老廃物が溜まってコブのようになったものです。
時間が経つにつれて老廃物が溜まり、少しずつ大きくなります。
無症状のことが多いですが、感染をおこすと周りが赤く腫れて痛み、押すと中からドロドロした臭い膿が出ます。

粉瘤は毛穴のある部位にはどこにでもできます。
顔や首、耳たぶ、脇、背中、胸、お尻にできる事が多いです。

《治療》
◎感染をおこしている場合(炎症性粉瘤)
・抗菌薬の内服し、感染を抑えます。
・膿が多く溜まった場合→切開して排膿します。切開後は頻回に通院が必要となります。

◎手術
粉瘤は内服薬や塗り薬では治らず、完治させるためには、感染がない状態の時に皮下にできた袋ごと内容物を除去する処置が必要となります。

必ず治療が必要というわけではありませんが、
感染をくり返しおこす場合はその度に治療が必要になるので、手術で根本的治療を検討していきます。

粉瘤が大きくなると、それだけ手術のご負担も大きくなります。
気づいた時はどうぞお早めにご相談下さい。

 

●●当院では、日帰りで手術を行っています●●

◎局所麻酔による手術のため、身体への負担が少なく、術後の日常生活への影響を最小限に抑えられます。
◎手術の所要時間は15~30分程度です。
◎手術は健康保険が適応されます。
手術費用は大きさ、部位によって異なりますが、3割負担の方でおおよそ¥5,000~15,000です。
(病理検査が必要な場合は別途¥3,020必要です。)

手術相談日 →火・木・金曜日

手術日   →火・金曜日 15:00~

※手術は事前に診察を受けて頂き、予約制で行っております。

※その他、気になるホクロやイボ、皮膚腫瘍(できもの)などの手術のご相談もお受けしております。

どうぞお気軽にお尋ねください。

2021年4月23日12:23 PM

帯状疱疹はこんな病気です👩‍⚕️❕

新年度もスタートし、慌ただしい日々が続いているのではないでしょうか。近頃、帯状疱疹で来院される方が増えてきています。疲れやストレスで体の免疫力が低下したときに帯状疱疹ウイルスが活性化する事で、神経を通って皮膚に水疱ができます。

【帯状疱疹ってどんな病気❔】

身体の左右どちらか一方にピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状に現れる病気です。帯状疱疹は身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種である水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。水ぼうそうにかかった事のある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

【主な症状・経過】

一般的には身体の左右どちらか片方の神経に沿って赤い斑点と小さな水ぶくれがに現れるのが特徴です。赤い斑点の現れる数日~1週間程前から、皮膚の違和感やピリピリ感などの神経痛を伴うことがあります。その後強い痛みが伴い、体の片側の神経に沿って帯状に赤い斑点が現れ、その後赤い斑点上に水ぶくれができます。水ぶくれは破れてただれた状態となり、かさぶたへと変わります。皮膚症状が治った後も後遺症として帯状疱疹後神経痛が残る事があります。

【発症部位】

胸から背中にかけて症状が現れる事が多く全体の半数以上が上半身に発症します。割合としては、頭部~顔面17.6%、頸部~上肢14.5%、上肢~胸背部31.2%、腹背部19.6%、腰臀部~下肢17.1%となっています。

50最代~70歳代に多くみられる病気ですが、過労やストレスが引き金となり若い人に発症することも珍しくありません。神経痛かと勘違いをし湿布を貼ってしまい悪化する事例等ありますので、気になる症状があればいつでもお気軽にご相談下さい。

2021年4月20日4:40 PM

ワキ汗でお悩みの方へ

過ごしやすい気候となり、日中は汗ばむ陽気の日もでてきましたね☀
これからの季節は、紫外線とともに、汗にも悩まされる時期でもあります。
そこで今回は、汗の中でも特にお悩みの多いワキ汗についてご紹介します。

《ワキの多汗症とは?》
ワキ汗が多く出ることを「腋窩多汗症」といいます。
ワキの下はもともと汗腺が多く、緊張や自律神経の乱れといった精神的要因や、
気候や運動による刺激の両方で発汗が促進されるため、特に汗をかきやすい部位です。

◎汗ジミができて人目が気になる。
◎ワキから汗がしたたり、不快感で勉強や仕事に集中できない。
◎緊張するとワキ汗が出始め、意識するともっとで出る。
◎ワキ汗パッド、タオルが手放せない。
◎制汗スプレーや汗拭きシートを一日何回も使用する。
◎汗ジミが気になって好きな服が着られない。
など、ワキ汗のお悩みはデリケートな内容のため、周囲に相談したり病院を受診できない方も多いようです。

《治療法》
ワキ汗治療は、内服薬、注射や手術など様々ありますが、
保険でできる治療が限られていたり、注射や手術に対するご不安があったりと、なかなか治療のきっかけがなくお困りの方も多いのではないかと思います。
そこで、この度新しく健康保険適応のワキ汗治療の塗り薬が処方開始され、治療の新たな選択肢が増えました!

ワキの多汗症は、エクリン汗腺という汗腺において、交感神経からでるアセチルコリンが汗腺を刺激することで大量の汗が分泌されます。
新しい塗り薬は、このアセチルコリンの働きを局所でブロックし、過剰に出る汗を抑えます。

エクロック

一日一回両脇に塗る薬です。
適応は12才以上の方で、ワキ以外の部位には使えません。

お悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください♪

2021年3月22日3:25 PM

ニキビをそのままにしていませんか❕

ニキビは一生のうち90%以上の方が一度は経験する、

尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という毛穴にできる皮膚の病気です。

ニキビの原因は様々ですが、毛穴の閉塞・皮脂の過剰な分泌・アクネ菌というニキビの元ととなる菌の増殖が大きな要因となります。

【ニキビの種類と進行について】

に見えない毛穴のつまり・・・目には見えませんが、毛穴に皮脂が溜まり始めた状態です。

コメド(白ニキビ、黒ニキビ)・・・毛穴の出口がつまり、皮脂が外に出られなくなった状態です。

赤ニキビ・・・毛穴の中で皮脂が大好物のアクネ菌が増えます。アクネ菌は炎症を起こす物質をよびよせ、炎症が起こり赤くなります。

化膿したニキビ・・・炎症がさらに進むと広がった毛穴の壁が破れ、周りの組織までに炎症が広がり、黄色い膿を持つようになります。

炎症後の赤み、ニキビ痕・・・炎症がおさまったあと赤みが残る事があります。この赤みは時間が経つと消えるとされています。一方で、皮膚がでこぼことしたニキビ痕は一度できてしまうとなかなか消えません。

ニキビの治療法を間違ってしまうと、かぶれたり、ニキビを悪化させてしまうことがあります。

できるだけニキビ痕にならないためにも、ニキビはでき始めの早い段階から治療を行う事が大切です。

からすま丸太町皮フ科クリニックでは保険診療のニキビ治療を行っております。

顔だけでなく、胸や背中のニキビも治療ができます。お気軽にご相談下さい。

9ac18ffe568e26b96bef06f3303ea1cd_t

2021年3月17日5:31 PM

コロナ禍の花粉症対策はお早めに🌸

今年も花粉症の症状で受診される方が増えてきました。

今年は例年とは違い、新型コロナウイルス感染拡大の事も考えながらの対策が必要です。

かゆみなどのために目や鼻を触ったりすると、新型コロナウイルスの感染リスクを上げてしまいます。

さらに、花粉症がひどい時に万が一新型コロナウイルスに感染してしまうと、くしゃみなどによって感染を広げるかもしれないという心配もしなければなりません。

また、もう一つ悩ましいのは、コロナ対策に欠かせない室内の換気です。

自宅などを換気する際には、網戸やレースのカーテンを使うと花粉の流入が抑えられると言われています。

それと合わせて空気清浄機やサーキュレーター(送風機)の使用も効果的です。

空気清浄機

コロナ禍の中で、今年は例年よりも花粉症についてしっかりとした治療をすることをお勧めします。

薬は発症前に使う方が有効性が高く、症状も軽くすみます。

当院では抗アレルギー薬の内服薬をはじめ、必要に応じて点眼薬、点鼻薬などの処方も行っております。

毎年悩まされる人は、本格的に花粉症が始まる前に早めの受診を心がけましょう。

2マスク

2021年2月10日1:15 PM

アレルギー症状にお困りではないですか❔

皮膚のかゆみ、目や鼻などの粘膜症状、咳、くしゃみなど

こんな症状にお困りではありませんか?

アレルギー症状を引き起こしている原因物質をアレルゲンと言います。

アレルゲンを知る事が治療の第一歩です!

当院ではアレルゲンを調べるための血液検査を受ける事ができます。

ハウスダスト、ダニ、動物、昆虫、カビ、花粉、食物などから気になる項目を選んで検査が行えます。

アレルギー体質で何に反応しているかわからないという方や、

アレルギー症状が長引いていて気になるという方はお気軽にご相談ください。

花粉2-300x300

 

2021年2月8日12:26 PM

2021年のスギ花粉情報

まだまだ寒い日が続きますが、今年もまた花粉症シーズンが近づいてきました。
日本気象協会が発表した「2021年春の花粉飛散予測」によると、スギ花粉は、早い所では2月上旬から飛び始め、近畿地方は2月中旬~下旬からとなる模様です。
飛散量は例年より少ない見込みです。
一方、前シーズン比(2020年春との比較)で見ると、関西圏は1.2~2.8倍多くなる予想です。
これは前シーズンが例年より少なかったためであり、前シーズンに花粉症の症状が弱かった方も2021年春は注意が必要です。

シーズンに入って症状がひどくなってから薬を飲み始める方も多いですが、
鼻や目などの粘膜に一度炎症が出てしまうと症状を和らげるのに時間がかかり、治りにくくなってしまいます。
毎年花粉症でつらい思いをされている方は、症状を軽くさせるためにも
飛散する2週間前からご自身に合った薬を内服されるのが最も効果的です。

当院では、患者さまの症状やご要望、ライフスタイルに合わせて
内服薬・点鼻薬・点眼薬などを組み合わせてお薬を処方しております。

現在、平日は11:00~12:00、16:00~17:30の時間が比較的空いており
来院~約30分程でご案内しています。
また、仕事や学校などで平日時間の取れない方へ、
土曜・日曜の午前中(10:00~13:00)も診療しております。

つらい症状を長引かせないためにも、対策がまだの方はどうぞお早めにご来院ください。

薬

2021年1月26日9:56 AM

低温火傷

毎日厳しい寒さが続いていおり、手足の冷たさを強く感じる季節ですね。

手足(特に足)が冷たいとなかなか寝付けない方もおられるのではないでしょうか。

そんな時に重宝するのが湯たんぽや電気アンカなどなど!

しかし、安全に使用をしないと、長時間皮膚に接触していることにより「やけど」になってしまうことがあります。

低温やけど」の場合は、必ずしも高温のものが原因で起こるわけではありません。

低温火傷

気がついたらやけどが進行していた、という状態になりやすいので注意が必要です。(ほんのりと温かいものでも注意が必要です。)

低温やけどは、思った以上に皮膚の深部にまで及ぶやけどになりやすいです。

また、あとも残りやすいので早めの治療をお勧めします。

特に低温やけどになりやすいのは、スネ、くるぶし、かかとなどの脚です。

かかと

他の部位よりも知覚が鈍いことと、血行が悪い場所だからです。

*やけどに気づいたらすぐに皮膚科を受診してくださいね。

2021年1月12日4:00 PM

ヘアカラー剤によるかぶれにご注意を!

ヘアカラー剤を使用して、頭皮がかゆい、ピリピリする、赤くなるなどの地肌のトラブルを起こした経験はありませんか?
このような症状は、染毛6時間後〜半日後より出始め、48時間後にアレルギー反応が最もひどくなります。

症状がひどい場合は
・顔全体、まぶたが腫れる
・頭皮から液が滲み出る
・ヘアカラー剤やすすぎ液がついた首筋、耳の後ろ、顔、生え際もかぶれる
などの反応が出ることもあります。

これらの反応は、ヘアカラー剤に配合されている酸化染料(パラフェニレンジアミンなど)のアレルギーが考えられます。
市販のおしゃれ染めや白髪染めのヘアカラー剤にはこの成分が含まれています。

これまで何度も使用して問題なかった方も、ある日突然アレルギー反応が現れる事があります。

かぶれと気づかなかったり、また、症状が軽かったり、治ったからとその後も使用をくり返すと、次第に症状が重くなります。
突然に重篤なアレルギー反応(じんましん、呼吸困難、血圧低下など)が起こる事もあり大変危険です。
かぶれ症状を経験された方は、次回からも必ずかぶれますので、今後絶対にヘアカラー(酸化染毛剤)を使用しないでください。
ヘアマニキュアなど、アレルギーを起こしにくい別の方法を選びましょう。

◆◆アレルギー症状がでたら◆◆
まずはヘアカラーを今後使用するのをやめて、すぐに医療機関を受診しましょう。
処置が遅れると症状が長引くことがあるので、早く治療を開始する必要があります。
ステロイド剤の外用、抗アレルギー剤やステロイド剤の内服などで治療していきます。

また、当院では酸化染料(パラフェニレンジアミン)アレルギーかどうかを判断するため、パッチテストも行っております。

~パッチテストの方法~

症状に心当たりがあり、今後ヘアカラー剤を使用していいか不安な方は、一度ご相談ください。

ヘアカラー

2020年12月28日12:49 PM

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、
いつでもお気軽にご相談ください。

〒604-0861
京都市中京区烏丸通丸太町下る大倉町201
パレスサイドビル2階

からすま丸太町皮フ科クリニック

お電話でのお問い合わせは075-221-8235

診療カレンダー
診療時間
10:00~13:00 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中
15:00~18:30 診療中 診療中 診療中 診療中 診療中    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日は休診